仮想通貨【暗号通貨】について

仮想通貨【暗号通貨】について

12月 16, 2017 ブログ by Mark

今回は初心者の方々へ、今・旬な仮想通貨

【暗号通貨】について簡単にご紹介します。

仮想通貨【暗号通貨】とは何?

2017年は「仮想通貨開幕の年」と

言われております。

最近、ビットコインのCMも多く流れて

いるので興味を持たれている方も多いのでは・・・

因みに、仮想通貨は、正しくは「暗号通貨」

が正解なんですよ。

日本以外では、仮想通貨と暗号通貨は

全く別であることを認識しておきましょう。

 

仮想通貨と法定通貨について

法定通貨は、ご存知の日本円やドル、ユーロ

などの通常のお金ですよね。

このお金は、それぞれの国が発行

(日本では日本銀行)しています。

仮想通貨【暗号通貨】は、インターネット上に

存在する架空のお金と言いますか、ネット環境

さえあれば世界中の誰にでも送金が可能で、

一瞬で行うことができる非常に便利な

仮想通貨です。

仮想通貨は総発行数に変化はありません。

因みに上限の発行枚数は

ビットコイン:2100万枚

リップル:1000億枚

イーサリアム:7200万枚

ライトコイン:8400万枚

です。

時価総額やコイン価格は日々変動しているので

正確な情報は、こちらからどうぞ!

 

仮想通貨と電子マネーとはまったく

違う商品です。電子マネーは日本でしか

利用できないし、まずレートが変わらない!

 

仮想通貨は怪しいくて危険なもの?

暗号通貨は怪しいと思われている理由に、

2014年に起きたビットコインの両替所の

一つのMt.Gox社(マウントゴックス社)

の破綻が有名で、仮想通貨として報道

されたため、「実態のないお金で怪しそう!」

「手を出さない方がいいよ!」って思われ

ました。しかし最近になって

注目度が超upしています。

このチャンスを逃すのはもったいない!

でもね、注意も絶対に必要なんですね。実は

暗号通貨の大半は詐欺と言われており、

約2000種類の内、95%は偽物です。

セキュリティの乏しい仮想通貨は詐欺に

遭いやいと言うことです。

仮想通貨への注目が高まる中、仮想通貨を

利用した悪質な詐欺が増えているのも

確かなことで、仮想通貨の不審な勧誘や

詐欺被害が拡大しています。

 

仮想通貨を利用した詐欺について

詐欺の相談でダントツなのが、

HYIP(ハイプ)です。

『High Yield Investment Program』の頭文字

からの由来で日本語では、「高利回り投資案件」

と言われています。

言葉のごとく、投資したお金を高利益で

配当すると誘いトンズラする投資詐欺ですわ。

絶対にひっかからないでくださいよ・・・

 

詐欺かどうか見分けるには!

①登録業者であるかどうか?

基本的に金融庁に登録されている業者以外

では仮想通貨の売買が禁止されている。

必ず金融庁のホームページで確認すること!

 

②金融庁に登録されているからと言って

元本保証商品ではないです。

金融庁が正式に認めたコインですが、

価格が下がらない保証はありません。

金融庁は特定の仮想通貨を推奨する

ことはありませんからね!

 

③相手から勧められる仮想通貨は怪しい

儲かる情報をワザワザ相手から

教えてくれる方がおかしいよね!

 

④ICOに手を出さないこと。

ICO(Initial Coin Offering)とは簡単に言うと、

新しいコインを発行するから買いませんか?

確かに直ぐに値上がりすることがありますが、

初心者が手を出すものではありません。

 

⑤情報収集を怠ってはダメ!

株式・FXも同じですが、情報収集は入念に

することが絶対条件です。

投資金額が大きければ大きいほど慎重に

しないと絶対にバカを見ますよ

 

⑥時価総額がある程度高い

コインを購入しましょう!

時価総額の上位には、ビットコイン・

イーサリアム・ライトコイン

などの名前が位置づいていますので、

参考にしてみては?

上位、数十位ぐらいまでが安全なの

かもしれません。

つい先日、リップルの取引を巡って

強制捜査が入ったという

ニュースがありました。

 

仮想通貨を入手する方法について

①仮想通貨の取引所で購入する。

②人からもらったり・交換することが可能

③一部のATMで購入する

 

①仮想通貨の取引所で購入する。

仮想通貨を入手する最も主流が取引所での

購入になります。

株式と同じで、取引を仲介する業者や

機関のことです。

それには、取引所に自分の口座を開設し、

その口座にお金を入金する

ことで、仮想通貨の売買が行えます。

仮想通貨のお勧めの取引所の所は

◇bitFlyer

◇Coincheck

◇Zaif

 

仮想通貨を購入する際に確認したい事

①「振込手数料の確認」日本円を取引所に

送金する時に発生するお金

②「仮想通貨の取引手数料」円から仮想通貨

に交換する時点で発生

③「取引価格」損得の確認に絶対確認

④「取引所の信用度」詐欺にあわないために

⑤「取引時間帯」

⑥「サポート体制」日本語のサポートは不可欠

 

②人からもらったり・交換する

ことが可能

電子マネーと違い、個人から個人への受け渡し

が可能となっています。

お互いが納得するレート間でトレードする

ことができます。

仮想通貨を交換したい人同士をマッチングして

くれるサービスがあります。

(殆どの取引所でサービスを

受けることができます)

この場合は下記の”ウォレット”

必要になります。

・デスクトップウォレット(PC上の財布)

・モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)

・ウェブウォレット(Web上の財布)

・ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)

・ハードウェアウォレット(専用財布端末)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだ始まったばかりの仮想通貨で

大儲けしてみては!

乗り遅れると後悔するかも!

ではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です